HOME>アーカイブ>補償内容に関してはよく調べて契約すること

期間やスタイルで決める

女性

留学保険というのは期間やスタイルによって大きく異なります。一般的に言えることが、海外で学ぶ期間が長くなるにつれて費用が高くなるということです。しかしながら、海外では場所にもよりますが基本的に医療費は高額になるため、万が一のことを考えてきちんと保険に入っておくに越したことはありません。留学と一言で言ってもスタイルが様々なので、そのスタイルにあった保険に入っておくことが大切です。費用が高額だからといってケチってしまうと、万が一の時にカバーしきれなくなってしまうことがあります。必要不可欠な費用であると割り切って、高額であってもきちんと保険に入ることをおすすめします。

クレジットカード付帯の注意点

男女

注意したいものの一つに、クレジットカード付帯保険に関してです。普段、海外旅行の際にはクレジットカードに付いている保険で賄っているという人も多いですが、留学はその性質上長期に渡ることも多いため、留学保険を個別に契約することを忘れないようにしたいです。カード付帯はあくまでおまけとして考えて、あまり重要視しないことです。それというのも、カバーできる補償の範囲が圧倒的に違うので、留学保険に入っておくことは必須です。

個人賠償や病気がカバーできること

女性

海外では日本よりも治安が悪かったり、医療費が高かったりします。そのため、盗難や医療費をカバーしてくれる留学保険はいざという時に頼りになる存在です。たしかに高額ではありますが、海外旅行保険と違ってカバーできる補償の内容が大きく異なります。海外にいる時にはどんな事が起きるかわからないので、できるだけ多くを網羅することが出来るような留学保険に入っておくことが保険になるので、あまり節約を考えないほうが得策です。

広告募集中